ブラッシングは頭皮を傷つけないように

正しい方法でブラッシングをすると育毛効果があると言われています。
ブラッシングの目的には、髪と頭皮の汚れを落とすということがあります。
ワックス等のスタイリング剤は、ブラッシングをするだけでは落ちにくいですが、自然に付着したほこりや汚れであれば、ブラッシングするだけでだいたいを取り除くことが出来るのです。

また、シャンプーの前に正しい方法でブラッシングをすればシャンプーの泡立ちが良くなります。
そして、頭皮に溜まっている汚れを浮き上がらせ、シャンプーのときに、ブラッシングをしないよりも短時間で効率よく、汚れを取り除きやすくなります。
また、ブラッシングをする事は、マッサージ効果もあり、頭皮の血行を良くしたりと、頭皮ケアも行えますので、是非シャンプー前には丁寧に優しく行っていただきたいケアになります。

汚れをしっかり取り除くことができれば、育毛シャンプーの浸透が良くなり、育毛剤を併せて使用することで、育毛の効果を発揮させることができるでしょう。
正しいブラッシングの方法は、頭皮を傷つけない・頭皮に刺激を与えない・髪を傷めないということが大切です。
育毛・発毛を邪魔してしまう要因になります。

力を入れてブラッシングをしてしまうと、髪の毛を引っ張って、抜け毛が増えたり、髪の毛のキューティクルまで剥がれてしまう可能性もあります。
頭皮を傷つけてしまうと、さらなる脱毛の原因にもなってしまいます。
正しいブラッシングの方法は、地肌にいきなりブラシを入れるのではなく、髪の毛先から少しずつ髪のほつれを取っていきます。

髪をゆっくりほぐしていくようにして、少しずつ地肌へ向かってブラッシングしていきます。
頭皮に直接ブラシを当てないように注意することが大切ですね。
使用するブラシとしは出来るだけ目が粗く、肌に当たった感触が柔らかい物がお勧めです。

硬い素材(プラスチックや金属製のもの)でできているブラシで頭皮をブラッシングすると、頭皮が傷ついてしまう可能性があります。
また、ドライヤーの方法にも育毛に効果的なものがあるので、http://politicons.net/doraiya.htmlで確認してください。