男性の薄毛と女性の薄毛の違い

「最近薄毛になって悩んでいる」ということはありませんか?同じ悩みでも、男性と女性では根本的に薄毛になる原因が異なります。
男性の薄毛の原因は、主に男性ホルモンが増加するせいで、女性の薄毛の原因は、逆に女性ホルモンの減少によるものだと考えられています。
男性の薄毛というと一般的に「ハゲ」を想像しませんか?

皆さんが想像する「ハゲ」は男性の薄毛症状の中で最も多いです。
これは脱毛の遺伝子が遺伝する為だと言われていますので、身近な人(両親・祖父母など)が「ハゲ」ていると、遺伝する可能性は十分ありますね。
それに反して女性の場合は、遺伝から薄毛になる可能性は低いです。

その原因は色々なことが考えられていますが、老化・ホルモンバランスの乱れ・生活習慣の乱れ(ストレス等)。
そして、・食生活の乱れ・無理なダイエット・出産の影響・冷え・更年期障害などが原因ではないかと言われています。
そのせいで、女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの方が強くなってきたことにより、薄毛になるのではないかと思われます。

男性の薄毛の特徴としては、前頭部・頭頂部の髪の毛が薄くなる…というよりは、一気に抜け落ちてしまい、地肌が見えてきます。
女性の薄毛の特徴としては、抜け毛が増えるというよりも、一本一本の髪の毛が細くなりひょろひょろっとした髪になるイメージになり、地肌が見えてくるのです。
こうやってそれぞれの特徴を比較してみると、男性と女性では根本的に薄毛になる理由が違います。

そうなるとやはり改善する方法も異なってくるのです。
男性の場合、脱毛遺伝子があれば、しっかりとした頭皮ケアをしても薄毛になることも多いのです。
ですが、女性の薄毛の場合は男性ホルモンが少なめなのです。

仮に脱毛遺伝子を持っていても頭皮のケアをしっかりすれば、比較的改善しやすく、良い効果も期待できるのではないでしょうか。
特に閉経後の女性の方が薄毛を改善する可能性が十分あります。
女性の場合は、年齢には薄毛の改善は関係ないので、最後まで諦めないでいただきたいです。

育毛シャンプー・育毛剤を使用したとしてもすぐに効果が現れるわけではありませんので、約1年を目安にケアしていただきたいですね。
男性用と女性用の育毛シャンプーでは成分が異なるので、自分の性別にあったものを選ぶのがいいでしょう。
詳しくはhttp://www.pitteagle.com/danjyodeno.htmlに書いてあるので、ご覧ください。