髪に良いドライヤーの仕方

せっかく良いシャンプーを使って、良い洗い方をしても、乾かし方を間違うと今までの努力が水の泡です。
ドライヤーはヘアケアの最後の基本です。
最後までケアしてこそ、育毛の効果が期待できるのです。

それではどういう風に髪を乾かしたら良いのか、詳しく見ていきましょう。
自然乾燥していると言われる人もいるかもしれませんが、自然乾燥をすると、髪をコーティングしているキューティクルが開いたままになってしまいます。
開いたままになっていると、髪にある水分や栄養分が逃げていってしまいます。

結果的にスカスカで栄養のない髪になってしまい、パサつく原因となります。
髪の毛は必ずドライヤーで乾かすようにしましょう。
まずは、ドライヤーをかける前にタオルドライでしっかりと髪の水分をふき取ります。

この時、注意していただきたいのは、衛生的ではないタオルを使ったり、ゴシゴシとこすってはいけません。
摩擦が起きると、髪が傷む原因にもなりますし、髪の毛がからまってしまうと、抜け毛や切れ毛の原因にもなります。
毛先の方を手ぐし等である程度絡まらない状態にしてから、根元の方から毛先に向かって髪の毛をタオルで挟み込み、抑えるようにして水分をとっていくと髪が絡まりません。

育毛シャンプーを使用した後のドライヤーで注意しなくてはいけないところは、清潔なタオルで優しく水分を取って下さい。
その後ドライヤーを使用するのであれば、熱風を近くで当てないように、適温の風が当たるように距離を保って下さい。
熱風によって、せっかく保湿されている頭皮が乾燥しすぎてしまう可能性があり、髪の毛にも頭皮にもダメージが出やすくなってしまいますので、注意が必要です。

タオルドライの時は、シャンプーの時と同じように爪を立てずに指の腹で優しくマッサージするように行なって下さい。
頭皮を傷めてしまうと、育毛シャンプーの効果が充分に発揮できません。
シャンプーもドライヤーもとにかく優しく、乱暴なドライヤーはしないようにしましょう。

乾かし残しがあると、髪に湿気が残り頭皮に汚れが付着する原因にもなります。
その結果、抜け毛やフケの原因となる事もあるので、しっかりと乾かしましょう。