頭皮の状態を整え髪が生えやすい状態に

頭皮の状態は人それぞれ違ってきます。
皮脂分泌が多い・乾燥しやすい等、季節によっても変化してきますし、冷暖房のきいた室内にいるのと、一日中屋外で過ごすのとでは、環境が違います。
ですので、その違いによっても変化してきます。

年齢やストレス、その時の健康状態、食生活やホルモンバランス、日頃のケアの方法によっても変化してきます。
自分の現在の頭皮状態を知ることは、育毛する場合には最も重要な事と言えるでしょう。
さて、頭皮の良い状態とはどうやって確認したらよいのでしょう。

自分で確認できる事としては、頭皮を指で押してみて、適度な弾力があること、頭皮の色が青白い事、頭皮に不快感がないこと等が挙げられます。
それに対して、頭皮の悪い状態とは、頭皮を指で押すと弾力がない、かゆみやふけがある。
頭皮を触ると指に脂が付く、頭皮の色が赤茶色である・髪に指を通すと5本以上抜ける等があります。

自分ではよく分からないかもしれませんが、頭皮が硬くなるのも髪が生えにくい条件に当てはまります。
頭皮が硬いということは、血流が上手く巡っていないということで髪に必要な栄養分が上手く運ばれてきていないのです。
一般のシャンプーを使用していても頭皮の状態が悪くなることがあります。

一般のシャンプーは非常に洗浄力が強く、頭皮に必要な脂まで取り除いてしまうのです。
そうすることによって、逆に皮脂が過剰に分泌され、毛穴に皮脂が詰まって頭皮が酸欠状態になってしまいます。
そのような理由で、頭皮環境が悪いと必然的に髪も生えにくくなります。

髪が健康な状態で生えてくるためには、何よりも頭皮が健康であることが重要なのです。
まずは髪専門の医療機関で、髪や頭皮の状態を診断してもらい、自分に合ったヘアケア・治療法を実践してみてください。
身近に同じ状態の人がいるからと言って、その人の治療法をマネしてはいけませんよ。

同じような症状でも、治療方法は人それぞれ違うのです。
http://www.yourcompanyinc.com/shampoo.htmlに効果的な育毛法の例が載っているので、試してみてください。