育毛シャンプーの成分

育毛シャンプーを選ぶときには、育毛成分と同等に洗浄成分が良いシャンプーがお勧めです。
いくら育毛成分がすごくても、洗浄成分が劣っていれば良い結果は得られない可能性が高いです。
洗浄成分は育毛の効能はありませんが、髪や頭皮、毛穴の汚れを洗い流し、育毛成分が入り込みやすくするような頭皮環境を整えてあげることができます。

洗浄成分の種類としては、合成界面活性剤・植物由来の界面活性剤・アミノ酸系・タンパク質系・石鹸系等があります。
この中でよく育毛シャンプーに使われているのは主にアミノ酸系のシャンプーです。
アミノ酸は約20種類あると言われていますが、育毛シャンプーによく使われているのは、ミリスチン酸・ラウリン酸等です。

頭皮を傷めずに、髪に優しく汚れを洗い流すことができます。
育毛成分の効能としては、保湿効果・かゆみを抑える消炎効果・栄養を補給・皮脂の分泌を抑制・皮膚呼吸を活性化・殺菌性などの効能があります。
あなたが求めているものはどれなのかを考えて選択されたらよいでしょう。

頭皮が乾燥するとフケの原因にもなり、代謝が低下していきます。
フケと薄毛は密接な関係にあるので、その為にも保湿はとても重要です。
皮脂が過剰に分泌されると毛穴が詰まり、そこから雑菌が繁殖して脱毛の原因にもなります。

育毛成分は皮脂の分泌を抑制し、殺菌・抗菌作用もありますので育毛が期待できます。
頭皮が炎症を起こすとかゆみや痛みが出てきます。
頭皮の炎症を抑えることは脱毛予防にもつながってきますので、消炎剤は不可欠です。

頭皮がしっかり呼吸できていると詰まりが解消されフケも減ります。
頭皮を呼吸できるようにする為には、汚れを残さないように洗い流すことが重要です。根元から汚れが取り除かれると、頭皮が呼吸しやすくなります。

このように抜け毛・薄毛には多くの原因があり、防止しようとすると洗浄成分・育毛成分がバランスよく配合された育毛シャンプーを選ぶとよいでしょう。