シリコン入りは悪影響。ノンシリコンを選ぼう

一般に売られているシャンプーのほとんどがシリコン入りのシャンプーです。
シリコンというのは、髪の表面をコーティングして、指どおりを良くしたり、髪を艶やかに見せる為にシャンプーには欠かせない成分と言われています。
ですが、紫外線やドライヤー等で傷んだ髪のダメージが修復され、必要な栄養分が吸収される前に、髪の毛の表面に付着して、髪全体をコーティングしてしまいます。

ですので、実際には髪の中が傷んだままになってしまっているということにもなりかねません。
むしろ見えないところで傷みが進行していくという可能性もあります。
傷みが進行して行っても、表面はシリコン剤でコーティングしていますので、見た目はつやつやでさらさらに見えることでしょう。

そしてシリコンが髪や頭皮に付着すると、肌が呼吸できなくなって窒息状態になります。
毛穴が呼吸できないと、新しい髪の毛もなかなか生えてこなくなるかもしれません。
シリコンは時間がたつと古くなって剥がれてきますが、その際に髪を保護してくれているキューティクルも一緒に剥がれ落ちてしまいます。

ですので、よりダメージが大きくなります。
アレルギーがある人は髪の毛の当たる部分が、赤くなったり痒くなったりするアレルギー症状が出る場合もあります。
抜け毛が増える原因も、実はシャンプーが合ってない・毛穴が詰まっている等があるのです。

シャンプーは本来なら、髪と頭皮の汚れを洗い流すことを目的としています。
髪が艶やかでさらさらになるのは、とても魅力的ですよね。
でもそれがもし、偽りの艶・手ざわりだったとしたらあなたはどうですか?

偽りの見た目よりも、髪の中から健康にしていきたいと思いませんか?もちろん今からでも遅くはありません。
髪の中からの健康を取り戻すために、ノンシリコンシャンプーのご使用をお勧めいたします。
ノンシリコンシャンプーを使って、髪と頭皮が常に呼吸できる状態にもっていき、髪本来の健康・美しさを取り戻していきましょう。
頭皮がキレイになれば、髪に栄養http://thesedelights.com/carries.htmlが届きやすくなります。