育毛シャンプーと普通のシャンプーの違い

普通のシャンプーと育毛シャンプー、この2種類のシャンプーに共通する部分と言えば、髪と頭皮の汚れを洗い流すことにあります。
ですが、それぞれシャンプーには大きな目的の違いがあります。
普通のシャンプーは、石油系や石鹸系や油系で作られており、一般的に安価で手に入れることができます。

洗う力を重視し、髪や頭皮から汚れを取り除くことを主な目的としています。
泡立ちが良く、スッキリ感は得られますが、洗う力を重視しているので、頭皮に必要な油分まできれいすっきりと洗い流してしまうのです。
酸性成分で出来ているので意外に刺激が強く、髪にも頭皮にも負担が大きくなります。

香りが良く、乾かした後もふんわり香ることもありますよね。
ですがそれは、シャンプーを完璧に洗い流すことが出来ていなくて、頭皮にまだ残ってしまっているからなんです。
普通のシャンプーは薄毛や抜け毛を気にしていない、髪の毛がしっかりとある人をターゲットに販売されているのです。

それに対して育毛シャンプーは、髪の毛の量に不安を抱えていたりします。
フケやかゆみを気にしている等何らかのトラブルを抱えている人に、髪に優しい低刺激なものを、と開発されたシャンプーです。
普通のシャンプーに比べて、価格は少々高めですが、頭皮や髪になるべく刺激を与えないように弱酸性で出来ており、アミノ酸系の成分を配合したシャンプーになります。

その為、頭皮や髪を傷つけずに洗うことができ、健康に保つことができます。
頭皮に必要な油は残しつつ、不要な油分だけを取り除くことができ、潤いを保つことができます。
勘違いしないでいただきたいのは、育毛シャンプーを使用しても、髪の毛が生えてくるわけではありません。

育毛シャンプーは髪と頭皮の状態を健康にして、頭皮環境を良くすることによって、育毛する為の妨げになるものをしっかり取り除くことを目的としています。
普通シャンプーと育毛シャンプーの一番の違いといえば、髪と頭皮にとって優しいか優しくないかということにあると言えるでしょう。
育毛シャンプー選びに悩まれている方は、こちらのおすすめの育毛シャンプーを参考にしてください。